趣味・生きがいを見つけて幸せになろう!やりたいことの見つけ方5選

HAPPY

生きがいを見つけよう!趣味の見つけ方5選

『趣味を持ってから毎日が生き生きとして、生活が楽しくなった!』という声を聞いたことありませんか?
今はこれといった趣味はないけれど『何か持てたらいいな』と思っている方のために・・
あなたが夢中になれるかもしれない趣味や生きがいの見つけ方のヒントをお伝えします。

ぜひ参考にして下さいね!

趣味・生きがいの見つけ方

趣味は自分が決して無理することなく、心から楽しめるということがとても大切です。目的や優先度は人それぞれで、自分が求めるもの・心地の良いことを基準に考えましょう。

普段自分が大切にしていることは何かを考え、少し整理をしておくと良いですね。
どうしても譲れないことや、生活の中での優先順位などを意識することで、後々の満足度や継続できるかということにも影響が出てきます。

ここからは趣味の見つけ方を紹介していきますので、あなたが本当に好きなことを見つけるヒントにして下さいね。

昔好きでやっていたこと

子供の頃に時間を忘れてのめり込んでいたことを思い出してみましょう。

素直な子供の頃に自然に選んでやっていることは、本来のあなた自身が喜びと感じ、求めていることのはずなのです。
様々な理由で辞めてしまった習い事・趣味などもあると思います。
時間が経ったことで、自分も成長・変化をしているので、同じ趣味でも改めて始めると昔は分からなかったことに気がついたり、新鮮に感じたりして、思いがけず楽しく感じるということがあるでしょう。

楽しかった授業科目

学校の授業科目を思い出してみて下さい。

授業が楽しいと感じることは多くはなかったかもしれませんが、その中でもこの科目だけはけっこう楽しかった、または努力をしなくても他の子よりも出来たという記憶はありませんか?
それがあなたの好きなこと、もしくは得意なことに大きく関連しています。

私は小さい頃から絵を描くのが好きだったので、美術の授業だけは楽しかった記憶があります。
絵を見るもの好きだったので、仕事をするようになってからも美術館巡りなどをしていましたが、ついに自分でも絵を描きたくなり、とあるアトリエに油絵を習いに行きました。
当時忙しく働いていた私にとって、絵を描くことは新鮮でとても良い息抜きになりました。引っ越しが決まるまでの3年間ほど楽しく通ったのを覚えています。

好きだった科目からヒントを得て、趣味を見つけてみるのも良いかもしれません。

自分の嫉妬心を分析

SNSやテレビでいかにも楽しそうに充実した生活を送る人を見て、羨ましいと感じたり、自分と比べて少し落ち込んだりすることありませんか?
実はその『羨ましい』と思う嫉妬心を知ることで、自分が本当に求めていること・やりたいことが分かります。

何故なら人は自分に関係のないことや興味がないことに嫉妬をしないからです。
少なからずジェラシーを感じるということは、その人(や投稿など)の何かが自分にとって羨ましくて仕方がない、つまり本当は自分が求めていることなのです。

自分の嫉妬心と向き合うことで、普段は意識しない心の奥で求めていることを知ることができます。

自分の好きな人や身近な人の真似をする

とりあえず好きな芸能人や、身近な人の趣味を真似をしてみるのも良いでしょう。
好きな人の場合は憧れの人に近づけるというモチベーションがあるので、続けやすく満足感も得られやすいかもしれません。
ある程度知っている部分もあるので親近感も湧きやすく、始めるハードルも高くはないはずです。

私が子育て中のことですが、子供の習い事に親の方がハマり、夢中になってしまったという話を良く耳にしました。
それは書道・ダンス・バレエ・ピアノなどの習い事でした。
子供の頃に興味はあったけれど、様々な事情で習えなかった・習う機会がなかった人が、自分の子供の習い事をきっかけに、自分も習ってみたいと気がついてしまったのでしょう。

実際に私も子供がピアノを習い始めたことがきっかけで、ヤマハの『主婦のピアノ教室』に通った経験があります。
私はずっとピアノを弾きたいと思っていました。楽譜も読めなかった私が、憧れの曲を弾けるようになるのは本当に楽しく、夢中になって練習したのを覚えています。
その後、あるバンド活動にもキーボードとして参加することができたので、とても良い経験が出来ました。たまにピアノを弾くことは今でも好きです。

身近な家族や友達などでもやっている人がいて、その趣味が『楽しそうだな』と思ったら、とりあえず真似をして自分もやってみるというのも良いかもしれませんね。

とにかく色々と試してから決める

少しでも楽しそうだなと思ったら、まずはやってみることが大切です。
初めての方向けにお得な(無料)体験など用意している所もあるので、大いに利用しましょう。

実際に体験をしてみると、何となくでも自分に向いているかが分かります。
続けるかどうかは『やっていて楽しいかどうか』を基準にゆっくり決めれば良いのではないでしょうか。
時には自分の直感を信じて、良い流れに身を任せることも大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

趣味の見つけ方をいくつか提案させていただきましたが、あなたに少しでもピンときたことはありましたか?
気負いをせずにポジティブな心でアンテナを貼っていれば、自然と良いチャンスに恵まれやすいものです。気軽に考えて、すぐに行動をしてみましょう。
いつまでも好奇心を忘れずに、新しい趣味にチャレンジしたいですね。

大人の趣味を目的別に一覧にした記事もありますので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました