趣味を持つと幸せになる? 知らないと損する趣味を持つべき理由12選 

HAPPY

趣味を持つと幸せになるって本当?

 

趣味を持つようになってから毎日が楽しくなった!という話、聞いたことはありませんか?

趣味を持たない人にとってはそんなに趣味っていいこと?とか、今は特にやりたいこともないし、時間もないし・・・などと思ってしまいますよね。

しかし趣味を持つことは生活の質を高め、人生をより豊かにすることは様々な研究によって明らかになっています。

なぜ趣味持つと幸せになるのでしょうか?

これから趣味を持つメリットを解説させていただきますので、その謎を解き明かしていきましょう。今『趣味がない』という方も、ぜひ参考にして下さいね。

趣味を持つと多くのメリットがあります!

イギリスの哲学者でノーベル文学賞受賞者のラッセルは自身の名著である『幸福論』の中で、
『趣味を持つことが幸福になる方法の一つである』と書かれています。

気晴らしとなる趣味を持ち、情熱と興味を外へ向けづつけること、思考を新しいチャンネルに切り替えることは、人が幸福を得られやすい方法であると論理的に説明しています。

さらに最近のあるインターネット調査では、全国の30歳~59歳の男女4,700人を対象に調査を実施し、趣味がある人の方が幸福度が高く、仕事にもやりがいを感じやすいという結果が出ました。
つまり趣味を持つことは人々の幸福度を上げることに大いに関係していると様々な研究で明かされているのです。

ここからは趣味を持つべき具体的なメリットを紹介させていただきます。

新たな世界・知識が増える

趣味を持つと、新しい経験や発見ができます。
好奇心を持って新しい世界を知るということは、いつでも新鮮で刺激的です。
情熱が高ければより知識も広がり、脳も活性化します。

脳を活性化し続けることで、年齢を重ねても、柔軟な考え方が出来るようになります。
普通に暮らしているだけでは気がつかないような問題や、自分自身について深く考えたり気づかされたりする機会も多くなるかもしれません。

やわらか頭で話も分かる、しかも知識も豊富な人であれば、人としての魅力もアップしますよね

人脈が広がる・人とのつながりを感じる

同じ趣味の人とは気が合うことが多いため、自然と人脈が広がることになります。

趣味が多ければ多いほど交流する機会も増えるので、人間関係を広げたい人には良いチャンスとなるでしょう。様々な年齢層や普段あまり関わらないタイプの人との交流も深まり、お互いにとって良い刺激になりますよね。

自分の好きな分野だと普段よりも積極的に行動できるという人も多いかもしれません。
きっかけは同じ趣味というだけで、お互い何のしがらみもない上に本来の自分のままに振る舞えるので、いつの間にか友人が出来たということも多いです。

人に恵まれ、楽しく交流をしていれば、自然と自己肯定感も上がります。
人とのつながりにより、孤独や寂しさを感じることも少なくなるでしょう。

社交性が上がる

知識力も上がり、様々な人と関わることで、話の引き出しも増えていきます。
知識や話題も豊富になり、社交性も上がります。
趣味を通じて、話が盛り上がることはもちろんですが、同じ趣味ではない人にも多くの良い刺激を与えることになります。

何かに没頭している人・夢中な人は、それだけでも魅力的で楽しい印象です。
内から溢れ出る魅力のあるオーラにより、様々な人から興味を持たれ、さらに好かれることにつながります。

時間の使い方が上手になる

今時間がない〜!!と嘆いているあなたも、本当に好きなことを見つけると趣味の時間を多く持つ充実した生活に変わるかもしれません。実は私がそうでした。

趣味を持つと、無駄に過ごす時間を見直したり、前もって計画を立てたりして、何としてでも時間を作るように努力をします。時間というものは意識を変えて少し工夫をすれば、意外と何とかなってしまうものです。
今まで『時間がない!』と言っていたのは、何も行動したくないただの言い訳だったのかもしれませんね。

時間を効率よく作ることでオンとオフの切り分けが出来るようになり、時間の使い方もさらに上手くなっていくでしょう。

仕事のモチベーションがアップする

趣味という待ち遠しい楽しみがあることで、仕事に集中したり、モチベーションが上がりやすくなります。実際のインターネットアンケートでも、趣味を持っている人の方が仕事にやりがいを感じやすいという結果が出ています。

趣味によってはお金がかかることもあるので、働く意欲や目的にもつながるということもありますよね。

仕事にダラダラと時間をかけずに、意欲的にサクッとこなすことで、毎日を充実させた方が人生はより楽しくなるのではないでしょうか。

純粋に楽しい

なぜその趣味をやるのか?
それは楽しいからです。理由はいりません。

人生を幸せに楽しむには、好きなことをする時間をたくさん持つことが大切と言われています。
利益や損得に惑わされることなく、純粋に魂が喜ぶこと・心から楽しいと感じることです。
時間を忘れて没頭できることがあるのは、趣味のない人にとっては少し羨ましいことかもしれません。趣味に突き進んでる姿ってとても素敵ですよね。

生活とのバランスは大切ですが、幸せな時間を多く持つことは充実した人生を送ることにとても重要なことなのです。

気晴らしができる

自分の気持ちを向ける趣味があれば、気晴らしになることがあります。
仕事で行き詰まった時にいったん中断をして趣味を楽しむと、また仕事に戻ったときに良いアイデアに恵まれやすいとも言われています。

哲学者ラッセルは、気晴らしには「一晩寝て考えてみる」と同じ効果があると説いています。
気晴らしが出来ることで心は充電され、活力の源になるとも述べています。

煩わしい仕事や人間関係などで頭がいっぱいになると、ネガティブな感情に支配されます。その状態から早く抜け出すべきなのですが、趣味がそれを助けてくれるのです。

運動やアウトドア系の趣味であれば、汗を流して運動不足も解消できます。
インドア系の趣味であれば自分の世界にどっぷりと浸かり、誰にも邪魔をされずに自分だけの豊かな時間を過ごせます。

気晴らしをしつつ、心はバランスを取って楽になることができます。

悲しみやストレスを緩和する

人が生きていくということは、時には大きなストレスとなることや悲しいことも起きてしまいます。例えば愛する人や家族の死など、避けられない突然の悲しみもあるでしょう。

精神的に疲れ果てて、気持ちがどん底にまで落ちてしまった時などに、少しでも自分の気持ちを向かわせる趣味があれば、悲しみからの逃避をすることが出来ます。

現実世界から離れ没頭できる時間には、心に効くプラスのエネルギーがあります。それが悲しみに打ちひしがれた心のリハビリとなるのです。

趣味はあらゆる人生の悲しみやストレスを和らげ、あなたを癒してくれるでしょう。

自分の居場所が増える

趣味を持つことで、自分が所属するコミュニティが増えることがあります。

1人で淡々と行う趣味でも、コミュニティをネットで探せばいつでも参加できる良い時代になりました。歓迎される・居心地が良いという感覚は、誰にとっても嬉しいことです。
『居場所があること』『幸せ』は大きく関わっています。

居場所が増えることで、時間を取られることもあるかもしれませんが、悪い意味で一つのことに固執することを避けらるので、精神的な安定をもたらし、余裕のある考え方ができるようになります。

趣味のコミュニティはいつしか心のより所の一つになり、自分の存在価値を高めるということにもつながるでしょう。

達成感が味わえる・向上心が満足する

趣味を持ち続けることである目標まで達した時、自身の進歩が目に見えた時などには素晴らしい達成感を味わえる時があります。

富士山に登頂し、登った人しか拝めない絶景を目の当たりにした!
楽器を演奏し、バンド活動のライブで会場を大いに沸かせた!
ダンスに目覚め、人前でダンスのパフォーマンスをした!

など、他にも例えは数え切れないほどたくさんありますが・・・
趣味のない生活では味わえないような、自分にとってのかけがえのない体験が出来ます。

自分の心が求めることであれば、向上心を持ってとことん突き進めるので、苦労も感じにくく、人間が持つ5大欲求の『成長したい欲求』も大いに満足します。
さらにモチベーションを保ちやすく生活が充実していると感じるでしょう。

若く見られる

趣味を持つと、日々活動的に時間を過ごすことになります。

新たな出会いや刺激が増えるので、体中の細胞が活性化されて元気になったと感じ、子供の頃のように1日が長く感じる人もいるでしょう。

いつもハツラツとした印象なので、周りの人からは実際の年齢よりも若く見られることが多いでしょう。何かに打ち込んでいる人の姿は、年齢に関係なくキラキラと見えたことはありませんか?

好奇心を持ち続けることは、いつまでも健康で若々しくいられることにつながるのです。

仕事や副業になることもある

好きな趣味に没頭した結果、それが思わぬ所で注目を集め、実際の仕事や副業につながることがあります。

『好きこそ物の上手なれ』と昔から言うように、どんなに素晴らしい仕事やサービスも、心から好きでとことん突き詰めている人にはかないません。

ただ自分の『楽しい』ことから始まった趣味が、いつしか周りの人を巻き込み、共感を生んで今度はその感動を与える側になる・・・それがビジネスとして稼げるなんて、これほど嬉しいことはありませんよね。

まとめ

いががでしたか?

趣味を持つことで、様々なメリットがありました。人生の充実度に関わることも多い印象でしたね。

趣味と言っても多種多様で感じ方も人によって異なるので、全てのメリットは書ききれませんが、確実に言えることは自分の喜びとなる趣味を持つ事で人生はより潤うということです。

気が合う仲間と交流したり、心から好きなことに没頭したりして、人生の多くの時間を自分にとって価値のあることに使う、そして自ずと人としての魅力が深まることが趣味を持つということなのです。
あなたも趣味を持って多くの幸せな時間を味わってみてはいかがですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

参考文献:
幸福論(ラッセル)  岩波文庫(安藤 貞雄訳)
インターネットによるアンケート調査(2017年)株式会社トライバルメディアハウス 

タイトルとURLをコピーしました